夢のための投資

お金が必要(若者)1

消費者金融を利用した方の中で、これは投資と位置づける方もいらっしゃいます。

投資といっても、ギャンブルや株式などではなく、学資のための投資です。

これは、資格等を得るために学校に通うために消費者金融からお金を借りたということです。

学資ローンといえば、銀行などでも存在しますが、審査内容が厳しいことやすぐに借りることができないといった場合、利息の高さは理解したうえで、消費者金融を利用するのも一つの手です。

そこで借りたお金で入学金と授業料を支払うことで、晴れて資格取得ができたという話もあります。

その後の返済は大変ですが、資格と目的を持ったお金の使い方といえば、こんなに胸をはれることはないということでしょう。

堂々としていても良いことですし、本来の消費者金融の使用目的として崇高なものといえます。本人ではなく、子供の学資目的だとしても、それで夢がかなったというのなら、消費者金融サマサマといったところでしょう。消費者金融の存在があったからこそ目的が遂げられたともいえます。

夢をかなえるため、あと少しの資金があればきっとうまくいく、そんなことが消費者金融の利用で完遂できるとしたら、消費者金融はなくてはならないものといえるかもしれません。

使用目的の善悪