消費者金融は善か?悪か?

消費者金融は善か?悪か?徹底解剖します

All posts by admin

夢のための投資


消費者金融を利用した方の中で、これは投資と位置づける方もいらっしゃいます。投資といっても、ギャンブルや株式などではなく、学資のための投資です。これは、資格等を得るために学校に通うために消費者金融からお金を借りたということです。

学資ローンといえば、銀行などでも存在しますが、審査内容が厳しいことやすぐに借りることができないといった場合、利息の高さは理解したうえで、消費者金融を利用するのも一つの手です。そこで借りたお金で入学金と授業料を支払うことで、晴れて資格取得ができたという話もあります。その後の返済は大変ですが、資格と目的を持ったお金の使い方といえば、こんなに胸をはれることはないということでしょう。堂々としていても良いことですし、本来の消費者金融の使用目的として崇高なものといえます。

本人ではなく、子供の学資目的だとしても、それで夢がかなったというのなら、消費者金融サマサマといったところでしょう。消費者金融の存在があったからこそ目的が遂げられたともいえます。夢をかなえるため、あと少しの資金があればきっとうまくいく、そんなことが消費者金融の利用で完遂できるとしたら、消費者金融はなくてはならないものといえるかもしれません。

リンク[一週間無利息の消費者金融-ノーローン

使用目的の善悪


今必要なお金というのは何に使用するのですか?
消費者金融では、そのような質問はありません。どんな目的で使用しようと勝手です。
ただ、期日までに返済ができれば、どんなことに使用しても良いのが消費者金融のメリットです。
ですから、利用者は、返済だけを考えて利用することが大切です。こんなことにお金を使ってはいけないというのは、個人の価値観の問題です。ただ返済不能と思われる目的に使用するのは、当然ダメなことですが、時にはそんなことに使用しなければならないといった事情がある場合も見受けられます。常識的ではない使用目的について、問いただすことはできないですから、自己責任の範疇にはなってしまいます。
消費者金融を利用するのに、生活費とギャンブルのお金を借りるのはご法度とされています。この理由としては、返済の見込みがないものだからということです。頭でわかっていることですが、どうしてもこの手のための消費者金融を利用してしまう方もいらっしゃいます。そういった方は、消費者金融に行く前に生活そのものを考えることが大切です。そうしないと痛い目に遭うことになりますが、そういった忠告を聞く耳を持たない方もいらっしゃるようです。しかし、ほんとうに手を出さないほうが得策といえるでしょう。

消費者金融のイメージ


消費者金融の存在そのものは絶対否定できない世の中になっています。
一時は非常に悪いイメージがあり、何となく利用するだけで後ろ指を刺されていた時代もありましたが、最近ではそんなことはありません。中には、消費者金融というだけで、ギャンブルでもしたの?とトンチンカンな質問をしてくる方もいらっしゃいますが、それぞれの家庭のおさいふ事情はいろいろです。
消費者金融絶対賛成という方の中には、返済できる見込みがあるのだからいいのではないかという方がいらっしゃいます。これは正論です。今、現金が欲しいだけであって、後できちんと返済をするのだから、という理由です。本来、消費者金融はそういう方のための存在しているものです。今月10万円お貸ししますから、来月から○万円ずつ返済してください。これが消費者金融の形です。どうして悪いイメージがあったかというと、その時の利子が法外であったり、返済しない方への取り立てがあまりにも暴力的だったからでしょう。数々の事件もありました。しかし、これは、借りるほうが返済しなかったからの話です。まっとうな消費者金融であったとしても、返済しない方に対しての取り立ては、当然行うものです。
現在は、あまり暴力的な取り立てはないとされていますが、相変わらず返済しない方の数は増えています。返済できる見込みのある方にとっては関係のない話ですが、返済できる見込みがあったはずなのに、という方には、是非考えて欲しい部分です。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress